形状記憶の医学チャート

形状記憶の医学チャートについて

画期的な紙の折り方(ミウラ折り)を医学チャートに応用しました。 対角部分を持って左右に引っぱれば、あっという間に広がり、たたむ時もワンタッチ。 この折り方、地図の折り方として浸透しましたが、実は文部科学省宇宙科学研究所名誉教授でもある 三浦公亮氏が考案した、NASAも注目のスゴイ発明なんです。 コンパクトで持ち運びにも大変便利です。

閉じた状態のサイズ(縦15.6×横11cm
広げた状態のサイズ(縦72.2×横51.5cm)


ミウラ折はこんなにスゴイ

簡単に開閉できる「ミウラ折り」ですが、他にも破れにくい(山折り・谷折りの方向が逆転しにくいため)、 かさばらない(折り目が1ケ所に重ならないため)など、優れた特長があります。この折り方を発明した三浦公亮先生は、東京大学名誉教授で宇宙構造物のスペシャリスト。 ミウラ折りは宇宙実験衛星「SFU」の太陽電池パネルや電波天文衛星「はるか」の大型宇宙アンテナに利用され、 将来的には太陽光を受けて飛ぶ宇宙帆船まで計画されているそうです。「宇宙」も「人間の身体」も、まだまだ謎の多い未知の領域。 そう考えると案外、人体解剖図とミウラ折りって相性ピッタリだと思いませんか?


全部で5種類


商品タイプ
サービス
店舗情報
無料コンテンツ

営業時間:09:30~17:00
電話番号:03-3341-6811
FAX:03-3226-1545