LDLコレステロール(LDL-C)値計算

自動計算

LDL-C(悪玉コレステロール値を計算しよう!)

LDLコレステロール(LDL-C)

LDL-C(計算式)

総コレステロール - HDLコレステロール - 中性脂肪 ÷ 5

ただし中性脂肪が400mg/dL以上の時には、この式はあてはまりません。

LDLコレステロールは悪玉、HDLコレステロールは善玉と言われていますが、そもそもコレステロールは体を構成する細胞を包む細胞膜や各種ホルモン等の原料であり、体を維持するために必要なものです。

LDLコレステロールの値が高いと、心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患や脳梗塞などの脳血管障害を発症する確率が高くなることが統計的に明らかになっています。

昨今、食事の欧米化にともなって、全般的に血液中のコレステロール値が高くなる傾向にあります。血液中のLDLコレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)が多くなりすぎている状態、またはHDLコレステロールが少ない状態が続くことを脂質異常症(もしくは高脂血症)と言い、多くの合併症を引き起こす原因となります。

脂質異常症の診断基準

かつて脂質異常症の診断は、総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド(中性脂肪)の値で行なってきましたが、総コレステロール値は、HDLコレステロール値を含んでいるため、総コレステロール値だけでは脂質異常症の危険性を判断できないとされ、診断基準から外れました。
現在はLDLコレステロール・中性脂肪の値が基準値を上回る場合と、HDLコレステロールが基準値を下回る場合に治療の対象となります。

LDLコレステロール 140mg/dL(以上)
HDLコレステロール 40mg/dL(未満)
トリグリセライド(中性脂肪) 150mg/dL(以上)

LDLコレステロール(LDL-C)値を計算しよう

あなたの健康診断結果のコレステロール値を入力し、計算ボタンを押すとLDL-C値が計算できます。

総コレステロール値 mg / dL
HDLコレステロール値 mg / dL
中性脂肪 mg / dL

※半角数字で入力してださい。

BSA(体表面積)計算

あなたの LDLコレステロール値は

mg / dL

算出式は ……総コレステロール - HDLコレステロール - 中性脂肪 ÷ 5

「OEM限定商品」について…

人体百科ではeGFR、CCr、摂取食塩量、コレステロール、BMI等の健康指標を計算できるメディカル電卓を取り扱っています。

また、自動計算機の他、オリジナルデザインの医学模型や販促物をご注文に応じて、企画制作も行っております。小売商品、”OEM限定商品” お客様のニーズ合わせご要望にお応えします。

詳しくはこちらをご覧ください。